×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職支援サイトを比較・紹介します

32社から落とされた中年男性。あるきっかけから正社員に採用されます。

どうして転職できたのか知りたくありませんか?

転職する前の準備

転職を繰り返しながらキャリアアップをしていくことを重視している人が今の日本では増加しているようです。

 

ここ数年、終身雇用を考えて就職するという考え方は、若い世代を中心にだんだんと薄れてきています。

 

就職して2〜3年で転職を考えることも珍しくありません。

 

では実際に転職しようと思ったら何をしたらよいのでしょうか?

 

まず転職活動と、転職求人から職探しの流れを把握することです。

 

仕事を変わろうと意識し始めた時に最初にすべきことは、

 

何故転職したいのか?

 

を自問自答して整理することです。

 

過去の自分の仕事内容やキャリア、資格を振り返って、自分の好きなことや嫌いなこと、自己PRできるものを整理します。

 

また転職し、これから自分が身に付けたいものは何なのかを考えます。

 

これは、自分の進みたい方向を検討することは非常に重要なことです。

 

実際の転職活動は、現在の勤め先にわからないように転職先を探したいという人にも、自分のスキルや条件に合った転職先を探したいという人にもおすすめなのが、インターネット上にあるリクナビenジャパンなど転職支援サイトです。

 

ただ、「転職 サイト」などと入力してインターネット検索をしても、たくさんの転職支援サイトが出てくるので、逆に比較するのに悩んでしまうかもしれません。

転職情報サイト比較

転職情報サイトといっても、インターネット上には色々なサイトがありますので、人気のあるサイトをピックアップし、比較・紹介します。

 

リクルートエージェント」は、転職先を全国の業界別、職種別、エリア別などから検索することができます。

 

携帯サイトもあり移動中でも転職先を探すことが出来ます。

 

enジャパン(エンジャパン)」は関東、関西圏が主体です。

 

転職の職種、希望条件、キーワードから転職先を検索することが可能です。

 

この転職情報サイトの魅力は、メールの転職相談です。転職の悩みのある方に転職専任サポートスタッフによって、メールで転職相談を受け付けいて、気楽に相談ができます。

 

テンプスタッフ」は転職を希望する職種、地域、働き方などの条件から転職先の検索が可能です。

 

デューダ」では、転職先を全国から地域ごと、職種ごとで検索することができて、しかも無料の転職支援サービスなどもあります。

 

転職の際の面接対策や転職後の年収などの条件の交渉代行してくれるサービスがあります。

 

転職ナビ」は、転職先を決めるまえに参考にしておきたい転職情報サイトです。

 

転職に役立つセミナーや勉強会のお知らせ、転職したい人の成功マニュアル、面接に関する情報などがカテゴリごとに区分され、詳しく説明されています。

 

 

そのほかに、「転職のかんづめ」も、転職先を職業や地域から検索することが出来るサイトです。

 

ここは、転職お役立ちマニュアルや転職フェアのスケジュール、雇用労働基礎知識などが充実しています。

 

ソフトバンクグループが運営している転職情報サイトの「イーキャリア」は、インターネット関連に転職を希望している人には特にオススメです。

 

転職成功事例インタビューなどもあります。

退職願と転職理由

転職先が決まり、今までの会社を辞めるとき周りに迷惑がかからないように円満退職をしましょう。

 

転職するのだから、今の勤め先の後は知らないでは、やはり社会人としてモラルが低すぎると思われます。

 

それに、いままでの同僚が転職後の人生でどんな人脈になるのか、わかりません。

 

転職の意思が固く退職をしたいと思ったら、仕事の引継ぎなどもしなくてはいけません。

 

できるだけ早く、最低でも1カ月前には転職の意思を直属上司に伝えます。

 

会社の繁忙期に突然転職を告げるのも迷惑なことです。特別な理由がないならば、会社の繁忙期は避け、十分に自分の仕事を引き継ぎには、できるだけの余裕を持って、退職願を出すことです。

 

これも今後の転職成功へと導くきっかけになるといえます。転職理由はあくまでも自分自身のことにとどめ「人間関係が良くないので・・」などの言動は避けべきです。

 

部署の移動や雇用条件変更するから残ってくれなどとして、引きとめられ進退がハッキリできなくなる可能性もあります。

 

転職先にも迷惑がかかりますので、「スキルをもっと磨きたい」などのポジティブな転職理由を述べることをオススメします。

 

最後に「立つ鳥、あとを濁さず」で会社から借りているものがあれば返却し、身の回りもしっかりと整理し転職をしましょう。

 

 

 

★元採用担当者が暴露する転職採用の裏側!

 

自ら転職と採用担当を経験した筆者が書き下ろした「究極の転職マニュアル」です。

 

採用担当者を唸らせる応募書類の書き方、面接官も脱帽の面接対策を公開しています。

 

正社員をあきらめようとしていた中年男性が採用された転職方法とは?

★☆・‥…――━━━━━━――…‥・・・‥…――━━━━━━――…‥・☆★

就職活動日記福岡市アルバイトダンサー職業転職・アパレル転職・面接
日払いバイト住み込み仕事 就職 東京・大阪医療事務アルバイトYahoo!JAPAN